こだわりのにんにく、東北産の福地ホワイト

  1. やずや通販サイト
  2. 商品一覧
  3. にんにく卵黄
  4. 雪待にんにく卵黄
  5. こだわり
  6. こだわりのにんにく、東北産の福地ホワイト

大地の栄養をたっぷり吸収した、実り豊かなにんにくを!

青森県の田子町に、にんにくづくりのこだわりを探りにきました!
肉厚でパワーみなぎるにんにくは、どんなふうにつくられているのでしょうか?

良いにんにくづくりは、 土づくりから始まります。

良いにんにくづくりは、
土づくりから始まります。

にんにくに適した土をつくるには3年かかる、といわれます。にんにく生産地のひとつ青森県の田子町では、「黒墨」と呼ばれる独特の土壌に牛糞やワラ、米ぬかなどの有機質でつくった完熟堆肥を混ぜ合わせています。手間ひまをかけて鉄分などのミネラルが豊富なにんにくの好む土壌に仕上げているのです。

植え付け前に さらに緑肥で栄養を与えます。

植え付け前に
さらに緑肥で栄養を与えます。

にんにくは畑での連作が難しい植物です。連作障害を起こさないように、生産農家は種の植え付け前に一度緑肥を植え、さらに土に栄養を与えるなど、さまざまな工夫をしています。土壌改良を何度も重ねて、やっと満足のいく立派なにんにくが収穫できるようになるのです。

雪の下でじっと春を待つから 「雪待にんにく」なんです!

雪の下でじっと春を待つから
「雪待にんにく」なんです!

長く厳しい東北の冬、畑は一面深い雪で覆われます。でも、実はその雪が冷たい風や寒さからにんにくを守り育ててくれるのです。にんにくはじっと我慢をするかのように雪の下で春を待ち、雪解けとともに驚くほどの勢いで成長します。雪の下で耐えた分、栄養をしっかりためこむから、肉厚で大きなにんにく「福地ホワイト」が育つのです。

包丁を入れた途端に にんにくの強い香りが漂います

包丁を入れた途端に
にんにくの強い香りが漂います

「福地ホワイト」は子どもの握りこぶしくらいの大きさにまで育ちます。手のひらにのせるとズシッと重みを感じるほど!中身も肉厚でハリがあり、驚くほどみずみずしいのです。包丁を入れた瞬間にジュワッと水分が湧き出し、にんにく独特の強い香りも漂って、まさに目が覚めるようでした。スーパーマーケットなどでよく目にする外国産のものと比べると、見た目も力強さも違うなと実感しました。

土づくりも栽培も、収穫後の作業も手間ひまのかかることばかり!

土づくりも栽培も、収穫後の作業も手間ひまのかかることばかり!

収穫したにんにくは、さらに実を引き締めるためボイラーと大型扇風機で高温の風をあて、約1ヵ月かけて乾燥させます。ここまで時間をかけてようやく出荷できるのだそうです。

生産農家のみなさんが試行錯誤を重ねながら、この「福地ホワイト」を育ててくださっているおかげで、「雪待にんにく卵黄」ができるのです。

<取材後記>

<取材後記>

「普段からにんにくを使った料理をよく食べている」という生産農家の女性は表情がイキイキとしていてステキな方々ばかり。秘訣はやっぱりにんにく?! 福地ホワイトのパワーを改めて感じる取材でした。

「雪待にんにく卵黄」商品トップページへ
「にんにくしじみ」商品トップページへ
「雪待にんにく卵黄プレミアム」商品トップページへ
商品のお申込みはこちら
お得な定期便 10%割引:
1,555円(税込)
(1,440円+税)
一般価格:
1,728円(税込)
(1,600円+税)
お買い物かごに入れる

※原材料やパッケージデザインが変更になる場合がございます。

お得な定期便 10%割引:
1,944円(税込)
(1,800円+税)
一般価格:
2,160円(税込)
(2,000円+税)
お買い物かごに入れる

※原材料やパッケージデザインが変更になる場合がございます。

お得な定期便 10%割引:
1,944円(税込)
(1,800円+税)
一般価格:
2,160円(税込)
(2,000円+税)
お買い物かごに入れる

※原材料やパッケージデザインが変更になる場合がございます。