トップ > ルテイン > クリアルテイン > ルテインのメカニズム

【届出表示】本品にはルテインが含まれます。ルテインは、加齢により減少する網膜の黄斑色素量を維持し、コントラスト感度(色の濃淡を判別する視機能)を改善することが報告されています。
● 本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
● 本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
● 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

機能性表示食品の届出情報検索はこちら(外部サイトへリンクします)

1 加齢とともに減少する、毎日補いたい成分

黄斑色素(ルテイン)量の年齢別グラフ

体内の黄斑色素(ルテイン)量は、特に50代以降からぐっと減少します。
ルテインは一般的に緑黄色野菜に含まれますが、量がわずかなのでサプリメントなどで積極的に補いたい成分です。

※グラフの参考資料:「Obana A,Hiramitsu T,Gohto Y,Ohira A,Mizuno S,Hirano T,Bemstein PS,Fujii H,Iseki K,Tanito M,Hotta Y.
Macular carotenoid levels of normal subjects and age-related maculopathy patients in a Japanese population. Ophthalmology.2008 Jan;115(1):147-57.」

摂ったルテインはアカゲザルの網膜の黄斑色素量を増加

ルテインを摂らないことで黄斑色素量は減っていきます。

食事から摂ったルテインは、肝臓で取り込まれた後、特に目の中の黄斑部に高濃度で集まることが報告されています。また、アカゲザルの実験で、ルテインを摂取しないと黄斑色素量が減り、ルテインを与えると黄斑色素量が増加することが報告されています。

マウスの網膜の光酸化ストレスレベルを下げる

紫外線 ブルーライト

目には紫外線やブルーライトなどの光が集まります。マウス実験により、ルテインを与えることで網膜の光酸化ストレスレベルを下げる報告があります。
また、ブルーライトに対してフィルターのように働くことで視機能を守ると考えられています。

見え方に違和感を感じはじめたら・・

機能性表示食品(届出番号:C112) 

クリアルテイン
276mg球×31球入り

お得な定期便 10%割引:

2,916円(税込)
(2,700円+税)

  •  
  •  
  •  

一般価格:

3,240円(税込)
(3,000円+税)

  •  

数量

カートに入れる

商品詳細はこちら