食品・健康食品・サプリメントは、やずや通販サイト

本物だけをまっすぐあなたへ。


トップ > ギフト・プレゼント > ギフトのマナー・慣習

~豆知識~ギフトマナー・慣習

役立つギフトの豆知識

贈り物文化

贈り物文化

一年のうち、お中元、お歳暮、冠婚葬祭にかかわる贈答品など、日本は、世界の国々に比べてさまざまな“贈り物文化”を持つ国といわれています。
さまざまな記念日や習慣があり、母の日、父の日、こどもの日、結婚祝いや出産祝い、入学祝いや卒業祝いと、人生の節目には、必ずといっていいほど祝い事があり、贈り物をする機会が多くあります。

のし、水引の豆知識
結婚のお祝い事に使われる金銀の水引

のし、水引の豆知識

「のし」は正式には「のしあわび」といいます。
昔、アワビをのして使ったことから、こう呼ばれるようになりました。

そして、のしとセットで使われる水引の結び方には一度結んだらほどけない「結びきり」と、ほどいて何度も結ぶことのできる「蝶結び」があります。
「結びきり」は結婚、お悔やみごとのように二度とくり返してはいけないことに対して使い、「蝶結び」は何度もくり返してよい一般的な祝い事に対して使います。

お中元とは?
お中元の熨斗(のし)

お中元とは?

お中元の起源としては、先祖の霊を供養するという行為が始まりと考えられており、後に親類などへもお供えものを配る慣習ができました。
やがて江戸時代になると、親類やお世話になった人へ感謝の気持ちを込めて贈りものをするように変化し、上半期の区切りに際してお中元を贈る慣習が定着していったのです。

お歳暮とは?
お歳暮の熨斗(のし)

お歳暮とは?

お歳暮は、年越しの「御霊祭」(みたままつり)で塩鮭、塩ぶり、数の子、するめ、魚介類の干物などを祖先の霊に供えた名残で、こうした供物を嫁いだ娘や分家の者が本家に持ち寄ったことが始まりとされています。

その後、年末に帰省できない子どもや遠方に住む親戚が、祖先の霊や年神様(新年の神様のこと)に供える供物を本家に贈るようになり、やがて、日頃お世話になっている親類や上司などにも贈られるようになっていきました。

お中元、お歳暮を贈る時に気をつけること

お中元、お歳暮を贈る時に気をつけること

本来はお中元もお歳暮も持参するものですが、現在では、お店から送ってもらうことが多くなりました。配送する場合は、送りっぱなしはNGです。
親しい間柄なら電話やメールでも問題ありませんが、品物に挨拶状を同封するなど、品物が届く前に挨拶状を郵送しておきましょう。また、生ものや賞味期限の短いものは、不在期間にあたらないか、事前に確認しておくという心遣いも大切です。

ギフト商品以外も、
ご家族やご友人のプレゼントにもオススメ

「熟成やずやの香醋」 「にんにく卵黄」 「ケフィア」

厳選調味料詰め合わせ

お得な定期便 10%割引:

3,402円(税込)
(3,150円+税)

  •  
  •  ※送料無料
  •  ※送料無料

一般価格:

3,780円(税込)
(3,500円+税)

  •  

数量

カートに入れる

商品詳細はこちら

逸選美味調味料詰め合わせ

お得な定期便 10%割引:

4,860円(税込)
(4,500円+税)

  •  
  •  
  •  

一般価格:

5,400円(税込)
(5,000円+税)

  •  

数量

カートに入れる

商品詳細はこちら

このページの先頭に戻る